出産後のボディーラインをスリムに見せよう!産後ダイエットのコツ

骨盤の周囲の筋肉を鍛えておきましょう

妊娠中に骨盤が大きく開いてしまったせいで、腰が大きく見られる事が増えたという女性は、産後ダイエットの際に骨盤の周囲の筋肉を鍛えておきましょう。普通に腹筋運動をしていたり、ランニングをしているだけでは、骨盤の周囲の筋肉を鍛えるのは難しいです。寝転んだ状態で腰を浮かせて、お尻を持ち上げながら腰を左右に動かす運動を繰り返して、骨盤を支える筋肉に負担をかけるようにしましょう。それだけで骨盤の形がスリムになり、以前のような綺麗なボディーラインを作り出す事ができます。

無理に骨盤を締め付けないようにする

出産前に横側に開いてしまった骨盤を元通りにするために、ベルトなどを使って強引に骨盤を締め付けてしまう人もいますが、それは危険な行為なので注意をしてください。骨盤の周囲には多くの血管が通っていますから、無理に骨盤を締め上げてしまうと、血行不良が起きる原因になりかねません。骨盤の近くにある子宮などにも悪影響を与えてしまい、生理不順を引き起こす原因になる可能性もあります。なるべく運動をして筋肉を鍛える事によって、骨盤の形を元通りにするように意識してください。

妊娠前に使っていた下着は取っておく

骨盤が横に広がってしまった女性の中には、その骨盤が元通りにならないと思い込んで、以前に履いていた下着を捨ててしまう人もいます。しかし産後ダイエットを続けているだけで、一ヶ月経たないうちに骨盤の形が元通りになったという人も珍しくありません。以前に履いていた下着を捨ててしまうと、後悔する事になりかねませんから、その下着はタンスの中にしまっておきましょう。サイズが合わない下着を履いて、骨盤を締め付けてしまうのは危険ですから注意をしてください。

産後ダイエットはあまり無理をせず、できる範囲のことを行いましょう。無理をすると、体調を崩してしまいます。